<僕たちは昼から飲みたいんだ!

お昼のキャバクラ

お昼のキャバクラ

ミナミでは、お昼から飲んで遊べる昼キャバをそこかしこに見つけることが出来る。ひと晩飲み明かしたあとに、最後の仕上げをしても良し。夜勤明けの疲れた心を癒されに行くのも良し。遊び方は自由だ。

>>詳しくはコチラ

嬢たち

嬢たち

歓楽地ミナミには、いろんなタイプの女の子たちがいる。彼女たちの何割かは「嬢」で、さらにそのまた何割かは「昼キャバ嬢」ということになっている。昼キャバではどんなタイプの子が働いているのか見てみよう。

>>詳しくはコチラ

静かな時間

静かな時間

夜の間は騒がしかったミナミの街も、お天道様が昇るとだいぶ静かになる。その時間になれば、飲むにしてもちょっと静かにグラスを傾けたいもの。そんな人にうってつけなのが、実は昼キャバなのだ。

>>詳しくはコチラ

白昼の1杯

世の中にはヘンなことを言うやつもいるもので、曰く「酒は夜のむべきだ」という。陽が落ちてからグラスに酒をそそぎ、月光に映える琥珀色の液体を楽しめ!というわけ。
確かにそれは一見ただしいように思えるけど、じゃあミナミの街のこの状況は何なのか。
なにわの賑やかなムードをいっぱいに満たしたこの街は、夜も、そして朝も昼も、つかの間の夢をみる男たちで溢れているではないか。
そして、そんな男たちを受け入れて、美味しいお酒と楽しいトークでもてなしてくれる昼キャバがあるじゃないか。

そうなのだ、昼から1杯飲める昼キャバがミナミの街にある限り、お酒は夜に属するものではないのだ。堂々と飲もうじゃないか。

ミナミで、朝っぱらから、あるいは昼間から飲みたい僕らを受け入れてくれる昼キャバを探そう。
ミナミといえば、キタと並んで「楽しい街、大阪」の代表的な歓楽地だけれど、歓楽地というだけあって昼よりは夜のほうが賑やか。
夜にはあっちこっちで気持ちよさそうなオッサンの声、学生たちの「ウェーイ!」という騒ぎ声を聞けるけれど、昼となるとタガをはめ直したかのようにトーンダウンしているのが常。

そんな街で昼キャバを探すにはどうすればいいんだろう?
途方にくれちゃうことがあるかもしれないけれど、大丈夫だ。僕らは今や、求める情報を瞬時に得られるツールを持っている。昼キャバの探し方はとっても簡単。
パソコンやスマホ、その他の機器を使って、ネットで検索すれば一発なのだ!

コスプレキャバ

コスプレキャバ

ミナミの昼キャバには、「コスプレ」を売りにしているところがある。キャバクラのドレスがまぶし過ぎて、もうちょいポップに楽しみたいと思っている男性諸君のために存在しているようなお店だ。

>>詳しくはコチラ

アフターの楽しみ

アフターの楽しみ

ミナミの街の楽しみ方は、キャバで遊んだあとの「アフター」にもある。昼キャバにも、もちろん「アフター」はある。昼下がりのミナミの街を楽しむためにぜひとも知っておきたい情報だ。

>>詳しくはコチラ

安く飲める

安く飲める

ミナミで遊ぶには、ある程度、懐が軽くなることを覚悟しなければならない。でも、それは夜の話。昼キャバならそういうことはない。安く飲める、遊べる。それが昼キャバの特徴なのだ。

>>詳しくはコチラ